伊丹市
生活・雑貨
  2,000円 通常価格――円
特別
価格
認認かるたと副読本
詳細

「認知症の知識があれば」との悔しい思いで、作ったかるた

 

「今朝食べた 食事のことも 幻か」

 朗らかな読み上げに、お年寄りがテーブルの上に乗った絵札を見回す。

 大きなおなかの男性が食べ物を思いうかべている絵に、「あった」と手を伸ばす老女。

 伊丹市や西宮市で、かるたを楽しむグループが増えている。

「あれ、間違った」「そっちだよ」と明るい声が飛び交い、笑いが起きる。

 使っているのは『認認かるた』。認知症予防を目的に作られたものだ。

 

誰もが認知症になるかもしれない

 

『認認かるた』を思いついたのは、宮本節子さん。

宮本さんが初めて認知症の方に関わったのは平成5年。まだ「痴呆」呼ばれていた頃で、医療職でも正しい理解や対応が現在の状況と大きくかけ離れたものだった。

宮本さんは、老人訪問看護制度がスタートした平成4年から、伊丹市訪問看護ステーションで在宅療養生活を送る高齢者訪問看護の仕事を始めていた。しかし、認知症に対する正しい知識や対応、当事者の気持ち等の理解はほとんどなかった。

その頃宮本さんが担当していたのは80代の高齢者の夫婦だった。

 

夫ががんで在宅療養をしており、同居の妻は熱心に夫の介護をしていた。何度か訪問するうちに「奥さんの行動がおかしい」と感じるようになった。

 

訪問を開始して、夫は半年ほどで亡くなった。しかしその頃には、妻の認知機能低下はかなり進んでおり、夫が亡くなり葬儀の時に、横たわる夫を指さし「そこで寝ている人は誰?」「お父さんはどこに行ったの?」等混乱していた姿を見て、宮本さんは耐え難い思いを抱えた。

 

「その時、お二人に対して何が出来たのか」「不安や混乱への対応が、何もできていなかった」という後悔の言葉を心の中で繰り返した。「認知症をもっと学び、少しでも認知症の方や家族が不安や、混乱、悲しみ、近隣の誤解からの辛さや苦痛を少しでも軽くなるようにしたい」という思いが募ってきた。

 

そこで宮本さんは、看護師の知識だけでは福祉のことが分らないため、勉強し福祉の資格(社会福祉士。精神保健福祉士等)を取得した。今日まで福祉の仕事(在宅訪問看護、在宅介護支援センター相談員、ケアマネジャー)をかれこれ25年続けてきた。

 

市民から集まった句で作成

 

 

 

 予防、サポート、ケアを本人の気持ちを踏まえて行うには、まずは認知症に対する正しい理解が必要。そこで楽しめるかるたをその「ツール」とした。

 

 作成は××年にスタートした。

 

 このカルタは市民から認知症に関する句を公募し、集まった294句から選定した。

 

 例えば・・・

 

 「買いものを メモに書いたら メモ忘れ」(認知症の主な症状の理解)

 

 「いわしさば さんまも食べて 元気です」(毎日の生活の中で行える予防)

 

 「オレンジの リングの数だけ 愛がある」(認知症の方へのサポートの仕方)

 

 「忘れても 心に残る 人の愛」(認知症の方や家族の気持ちの理解)

 

 「無理でしょう 決めつけないで 見守って」(介護支援)

 

 

 

 かるたの絵札は張り子造形作家の大瀧千絵さんに、カルタ製作は手作り絵本作家の吉岡敬純さんに依頼した。その道のプロでも、認知症に関することはわからないことだらけで、1枚1枚相当大変だったという。

 

 絵札には、ふつう最初の1文字を入れるが、『認認かるた』はあえて絵だけにして、言葉と絵とをつなぐことで認知能力を高める工夫をしている。

 

 この試作には多くのボランティアも関わっている。このように、作った人の思いが感じられる手作りのカルタを使って、「認知症が他人ごとではないという目覚めになればうれしい」と宮本さんは願いを込めている。

 

 

 

協力してくれた人たちへの感謝

 

 

 

 その後、宮本さんは、「ボランティアとして、認知症の方や家族が安心して暮らせために、また今は治療法が確立されてない認知症の予防が少しでも出来るなら」という思いを胸に『認認かるた』普及の活動を始めた。

 

「活動を始めてから、どのくらい多くの方に助けて頂いたり相談したりしたかしれません。協力していただいた方たちは数えきれないくらいです。皆さん驚くほど優しく協力してくれました」と宮本さんは、自分が支えられていたことへの感謝に目を輝かせ、笑顔で語ってくれた。

 

条件
今回は、近隣の方々に販売しますので、ご連絡をいただいたうえで、とりに来てください。
このクーポンに関するお問い合せはこちら
販売終了
【ご利用可能期間】
2017年8月28日 から 2018年2月21日 まで
☆☆☆☆☆(0)
Dクラブあかずきんちゃん(Dくらぶあかずきんちゃん)
〒6640884 兵庫県伊丹市美鈴町2丁目54-1
電話 072-775-3344 / faxto 072-775-3344
  • 店主(宮本節子)
    認知症に取り組んでいるボランティアグループです