東大阪市
食品
  3,000円 通常価格 3,616
17%
OFF
●グァテマラ・アンティグアSHB(アゾテア農園)500g(250g×2パックを挽きで購入)● 『通常¥3,616(送料・税込)』が → ゆいトレ特価『¥3,000』ポッキリでお届けします! 
詳細


◇グァテマラ・アンティグアSHB(アゾテア農園)◇

【原産国】グァテマラ 

【農園名】アゾテア農園

【品種】100%ブルボン種

【精製】ウォッシュド・天日乾燥

【標高】1600m以上

 

グァテマラ(アゾテア農園)から、100%ブルボン種の素晴らしいコーヒーが送られてきました。

グァテマラは完熟した豆を手摘みするのが一般的。

高地産のためギュッと締まった豆に美味しさが詰まっています。

しっかりとしたボディ、舌触りは柔らかくスッキリとした苦味とほのかな柑橘系の酸味、程よいコクが特徴です。

 

グァテマラは、中米北部で、メキシコの南に位置する、小さな国です。

東はベリーズ、南はホンジュラス、エルサルバドルと優秀なコーヒー生産国と国境を接しています。

大部分が山間部で、メキシコのシエラ・マドレ山脈が伸びて続いています。

火山国で火山灰質の土壌が、グァテマラコーヒーの特徴の基盤です。

気象は、太平洋側と大西洋側のそれぞれの熱帯性気候に影響されます。

グァテマラコーヒーの多くは、山脈の斜面で栽培されています。

豊富な雨量と肥沃な火山灰土壌、気象は、コーヒー栽培に適した条件に恵まれています。

 

狭い国土に、七つの産地があり、山脈を挟んで気象条件が違う為、それぞれに特徴が異なります。

アンティグア地区は、良質なコーヒーを産出することで世界的に高く評価されています。

アンティグアは、 アグア火山、フエゴ火山、アカテナンゴ火山に囲まれた地区であり、ミネラル豊富な火山性土壌でコーヒー栽培がおこなわれています。

雨季と乾季ハッキリした気候や夜の冷え込みは、この地区の特徴で世界的に高く評価されている風味の源となっています。

 

グァテマラの豆の等級は標高によって格付けされます。

SHBはストリクトリー・ハード・ビーンの略で標高4500フィート(約1370m)以上で採れた最優良品を意味します。

 

アゾテア農園は、アンティグア地区北部の農園です。

農園の歴史は長く1883年まで遡ることができます。

長い歴史と伝統を持った農園ですが最新の技術にも積極的に取組んでいて、両者の融合により素晴らしい品質のコーヒーを作り続けています。

農園内に博物館を有し、コーヒー栽培による収入への依存度が他農園ほど高くない点が特徴の一つです。

安定した博物館からの収入は、農園主にコーヒー栽培に関する研究の余力を与え、生物学者の手助けにより、異なる栽培方法、有機肥料、シェードツリー体系、汚物処理の研究に取組んでいます。

 

 

 

条件

=======================

・「美味しさ長持ち」安心のアロマパックで梱包しています。

・宅配便(簡易包装)でお届けします。

・送料: 送料込み

・配送業者:ゆうパック・レターパックライト

 

『レターパックライト』は、ポスト投かん(郵便受箱へ配達します)

郵便受箱に入らない場合は、不在配達通知書を差し入れた上で、配達を行う郵便局へ持ち戻ります。A4サイズの郵便物が入る郵便受けであることを確認のうえ、ご注文ください。

『レターパックライト』は、全国配送が可能です。

 

◇北海道・沖縄にも同一料金でお届けします!◇

・出荷予定:4/23()5/14()の期間中に順次出荷致します。

 

・上記の期間中で配送の日時指定及びその他のご希望がおありのお客様は、通信欄にてご要望をお知らせください。 

※出荷予定日は到着日ではありませんので、ご了承ください

※同一住所、複数購入の場合、一括で出荷致します

 

(ゆうパック配送エリア)

・本州・四国・九州まで(一部地域を除く)

・配送不可エリア:北海道・沖縄・一部離島

=======================

このクーポンに関するお問い合せはこちら
販売終了
【ご利用可能期間】
2021年4月23日 から 2021年5月14日 まで
☆☆☆☆☆(0)
自家焙煎の店 フクモト珈琲(じかばいせんのみせ ふくもとこーひー)
〒5770817 大阪府東大阪市近江堂2丁目10-49
電話 06-6725-6172 / faxto 06-6736-3393
  • 店主(福元博通)
    今お飲みのコーヒーに満足していますか? コーヒーは焙煎方法が違うと美味しさも違います! 豆の鮮度が新しいことは勿論ですが、コーヒーの美味しさの一番の決め手は『素材の品質と焙煎方法』です。 当店は、『低温焙煎』という独自の焙煎技術で、「クリアで濁りのない浅煎・粗挽きコーヒーの美味しさを追求しています」
  • 推薦人(和崎宏)
    数年前まで、スーパーの棚に並んだミル済みのコーヒー豆を買ってきて、毎朝自宅でドリップして飲んでいました。美味しい純喫茶の、コクがありまろやかでほっとするようなコーヒーを飲むのは無理だと思っていました。 しかし、ひょんなことから福元さんと知り合い、コーヒーの相談をすることから、焙煎された豆を頂いて、それが大きな誤解だったことに気がつきました。コーヒーって焙煎方法が違うと美味しさが全然違うんです!。 フクモト珈琲さんは、『低温焙煎』という独自の焙煎技術で煎りあげた「クリアで濁りのない美味しい自家焙煎コーヒー豆」を、地元だけでなくネットでも全国に販売されています。専門家のアドバイスをもらいながら、毎朝のスタートができるのは、本当にありがたいものです。